このページではFX自動売買において、EAをVPSで運用させるべき理由を説明しています。

VPSの経験が浅い方でもこのシリーズを読めば、最終的にMT4をVPSへインストールできるようになります。

今回はそもそもFX自動売買をするにあたり、なぜVPSを使用するのか?という点について管理人なりの考えを書きます。

EAをVPSで運用させるべき2つの理由

管理人はFX自動売買をするにあたり、VPS環境で運用しています。

VPSを利用するためには、初期費用とランニングコストはかかりますが、FX自動売買をするのであればVPSは必須だと考えています。

PC破損等の物理トラブルの不安がない

FX自動売買は機械の判断によって取引をしていくため、24時間稼働が大前提です。

24時間稼働させる上で問題になってくるのは家庭用PC、VPSのどちらを使うかです。

元々、家庭用PCは24時間連続稼働を前提に設計されていません。

もちろん24時間フル稼働も可能ですが、故障リスクは高まる一方です。

例えば、下記の画像のように家庭用PCでEAを運用しているとします。

そこでPCのハードディスクが故障した場合、新しいハードディスクに交換するか、新しいPCを買い直す必要があります。

FX自動売買はMT4を起動し続けることが運用の絶対条件です。

故障した場合、PCの修理もしくは買い替えまでの期間、なにもすることができなくなります。

PCにも必ず寿命があり、いつかは絶対に壊れます。

このような事が原因でトレードできなくなるって立派な機会損失だと管理人は考えています。

一方、VPSは物理トラブルによって停止する可能性はほぼありません。

これには立派な理由がありますのでご説明しますね。
※少しだけIT系のお話になります。

VPSは高性能なサーバー上にWindows環境を作成し、利用者に提供されています。

サーバは24時間365日連続稼動を前提に設計されているため、自動売買には最適の環境です。

以下の画像のように、どのVPS業者もサーバの冗長構成をとっています。
※冗長構成とは2台以上のサーバーで構成され、片方が壊れても、もう一方で動き続けることが出来る構成です。


つまり、仮に片方のサーバーが故障しても、新しいサーバーに交換している間はもう1台のサーバーで稼働可能なため、

サーバが壊れたから使えない!というリスクはほぼ0%に近い環境でFX自動売買を運用することが出来ます。

外出中でもリモート接続でチャートが確認できる

管理人はIPadを持っているのですが、外出中はIPadからVPSにリモート接続して、EAの稼働状況の確認や設定変更などをしています確認しています。

自宅にいるときは家庭用PCを経由してVPSへリモート接続しています。

管理人はPCから操作するのが最も操作しやすいです。

ですが、外出中にPCを起動させてVPSへリモート接続することは難しいですよね。

そこで登場するのがモバイル端末です。

VPSはIPadやスマートフォンからVPSへリモート接続することが可能です。

PCからVPSへアクセスした時と全く同じですよね。

このようにVPSならIpadからでもPCと同じ画面を表示することができます。

もちろんスマートフォンから確認も可能です。

縦画面だと見づらくなりますが、画面を横向きにすればIpadと同じように表示することができます。

これなら外出時にパソコンを持ち歩く必要ないですし、EAの設定変更も可能です。

まとめ

FX自動売買でVPSを使うべき理由についてまとめます。

  • FX自動売買は24時間安定稼働できる環境で運用することが大前提
  • 家庭用PCでEAを運用するのはPC故障時のリスクが大きい
  • VPSを使うことでPC故障時のリスクを回避できる
  • VPSを使うことで外出中でもEAの稼働確認、設定変更が可能になる

便利かつEAを安定稼働できることに間違いありません。

最後に個人的な理由がありまして、
IPadを使って、MT4のチャートを眺めていることが少しカッコイイってのもあります!
売買してくれるのはEAですけどね!(笑)

さて、次回のはじめてのVPS②では管理人が利用しているVPS提供業社について解説します。

是非ご覧になってください。

 

VPSについて、興味、ご不明点などがあれば管理人へご連絡ください。

おすすめの記事