このページでは、『Windows Server 2012 R2』の強制再起動を停止する方法について説明しています。

VPS強制再起動によるFX自動売買への弊害

まずはVPSが再起動されることで、自動売買にどのような弊害が発生するか、まとめました。

  • VPSが再起動されることにより、自動売買を運用しているMT4が落ちる
  • MT4が再起動されたことにより、EAが予期せぬポジションを持つことがある。

Gump EAでは実際に予期せぬポジションを持つケースが発生しています。

このようなことが起きないように、VPSの強制再起動を停止する方法を実施してください。

『Windows Server 2012 R2』の強制再起動を停止する方法

1ローカルグループポリシーエディターを起動

キーボードの"Windowsマーク+R"を押して、"ファイル名を指定して実行"を開きます。
"名前:"の部分に"gpedit.msc"を入力して"OK"をクリックしてください。

ローカルポリシーエディターが起動されることを確認してください。

2自動再起動の停止を有効化

左側のツリーから"コンピューターの構成"→"管理用テンプレート"→"Windowsコンポーネント"→"Windows Update"を選択してください。

右側のツリーから"スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない"をダブルクリックしてください。

"有効"を選択してOKをクリックしてください。

VPSの再起動を実施することで設定が適用されます。

これで、VPSの強制再起動を停止する手順が完了しました。

既にMT4を稼働させている場合は再起動しないことを推奨します。
上記を設定しても、反映するために"1度は強制再起動が自動的に入る"とご認識ください。

LINE@・Twitterでも活動中です!


このページについて、ご不明点などあれば管理人へご連絡ください。

当サイトのプライバシーポリシーに同意していただいた上で「送信」ボタンをクリックしてください。

おすすめの記事